女性経営者・起業家が観るべきオススメ映画5選

7d996544022db3cbff4c6c4d6b700a86_s

女性経営者や起業家をテーマにした映画は驚くほど数が少ないのですが、最近ハリウッド映画では見られるようになってきました。

女性ならではの問題を抱えながら、起業や経営をこなしていくこれらの映画に出て来るたくましい女性像はこれからの社会でより強く求められるものなのではないでしょうか。

ビジネスのヒントも多くちりばめられていますので、お仕事の息抜きにでも鑑賞する事をおすすめします。

マイ・インターン (The Intern) 2015

アンハサウェイ演ずるeコマースで活躍するCEOジュールズは、短期間にファッションの通販サイトを急成長させた敏腕経営者。何もかも順風満帆に見えた彼女に、公私ともに大きな問題が立ちはだかります。そんなときにひょんなことから雇われる事にあった70歳のシニア・インターン、ロバートデニーロ演じるベンが現れます。彼との交流を通し、ジュールズはどのように問題を乗り越えていくのか。

彼女自身の結論は、どの経営者にも当てはまるものとは言えないかもしれませんが、自分ならどうする?という目線で見ると面白い映画といえるでしょう。

ココ・アヴァン・シャネル (Coco avant Chanel) 2009

2009年に作成されたフランス映画で、世界の女性が憧れるファッションブランド「シャネル」を生んだココ・シャネルの伝記的映画です。ココ・アヴァン・シャネルとは、フランス語で「シャネル以前のココ」という意味があります。大きなファッションブランドになる前の「ココ」という名前の何も持たない孤児院育ちの少女が、どのようにしてコネクションや財産を勝ち得ていったのか、が描かれています。
この映画で描かれている彼女の生き方には賛否両論あると思いますが、芯の通った彼女のまっすぐな姿勢は見習うべきところもたくさんあるように思います。

ジョイ(JOY) 2015

日本公開未定ではあるものの、ど直球の女性起業家映画です。実在する、「ミラクル・モップ」の発明者であり女性起業家ジョイ・マンガーを映画「ハンガーゲーム」で一躍有名になったアカデミー賞女優ジェニファー・ローレンスが演じます。様々な問題を抱えながら生きるシングルマザーが、自分のアイディア一つで成功者にのし上がって行くサクセスストーリー。山あれば谷ありとはこのこと!様々な苦難にぶつかりながら、成長していく彼女と自分の人生を重ね合わせて共感できる女性起業家・経営者も多いかもしれません。

日本未公開なのが痛いところですが、英語野出来る方はぜひ鑑賞してみてください。

プラダを着た悪魔(The Devil Wears Prada) 2006

この映画は、日本でもヒットしたので知っている方も多いのではないでしょうか。アカデミー賞常連メリル・ストリープがファッション紙の鬼編集長ミランダ役を、アン・ハサウェイがミランダのアシスタント役で主人公のアンドレア役を演じ話題となりました。

ミランダの想像を絶する鬼畜ぶりも見ていて面白いのですが、それと同時に、大組織のトップだからこそ生じる孤独と葛藤が垣間見え、ただ単に「鬼編集長」ではない彼女の側面が表現されています。また、使えないアシスタントから優秀なアシスタントにのし上がって行くアンドレアの心の変化も興味深いです。

様々な視点からみることができ、娯楽映画としても十分楽しめる映画ですよ。

ファッションが教えてくれること(The September Issue) 2006

「ヴォーグ」の編集長、アナ・ウィンターとそれを取り巻く雑誌編集者達のドキュメンタリー映画です。実は、アナは上記の「プラダを着た悪魔」のミランダ役のモデルになったのではないかと噂されている張本人です。
彼女の仕事ぶり以上に注目すべきは、「ヴォーグ」をともに支えてきたクリエイティブ・ディレクター、グレイス・コディントンの努力と苦悩の人生でしょうか。部下を持つトップにおすすめしたい作品です。また、単純にファッションが好きな人やファッション業界に進みたい人にはたまらない内容となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. shining
    自分の人生が変わる方法はたった一つ というお話を昨日しました。 それはなんなのかといえ…

アーカイブ

カレンダー

2018年5月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る